コラム 詳細

コラム:正義派の農政論

【森島 賢】

2013.05.13 
TPPで疲弊するのは農村だけではない一覧へ

 もしもTPPに加盟すれば、農業が壊滅して、農村が疲弊する。だが、疲弊するのは農村だけではない。都市も疲弊する。都市の人たちにとって、TPP加盟による農村の疲弊は、他人事でない。
 TPPは、市場原理主義の極致といっていい。近年、市場原理主義のもとで、農村はどのように疲弊してきたか。そして、都市はどのように疲弊してきたか。政府の統計をみてみよう。

第1図 県別の1人当たり県民所得

 はじめに、上の第1図で県別の所得格差を見ておこう。ここには明らかな格差がある。
 東京の都民一人当たりの所得が最大で、最小の高知の1.9倍の大きさである。富裕県は東海道に集中していて、他の県は、おしなべて所得が少ない。
 この地域格差は重大な問題だが、ここでは、この格差が長い間つづいていることに注目しよう。

第2図 農村地域と都市地域の総生産額の違い 上の第2図は、農村地域と都市地域に分けて、最近14年間の市場原理主義のもとで、格差がどのように推移してきたか、を示した。
 この図から分かることは、農村でも都市でも、ともに所得を増減してきたが、その間には大きな格差があって、それが縮小する気配が全くないことである。
 そして、最近の2年間をみると、農村でも都市でも同じように所得が減り、同じように疲弊した、ということである。

 TPPに加盟すれば、農村はソンになるが、都市はトクになる、という言説がある。だが、この図は、この言説が誤っていることを示している。
 農村だけがソンになることはない。農村が困窮すれば都市も困窮する。また、都市だけがトクになることもない。都市が繁栄すれば農村も繁栄する。そのことをこの図は雄弁に物語っている。それが経済の論理である。
 だから、ソンやトクを考えるばあい、農村と都市の対立として考えると誤るし、また、農業と商工業の対立として考えても誤る。
 そうではない。市場原理主義のもとで、トクをするのは都市の多くの人たちではなく、ごく一部の人である。ソンをするのは農村の人たちだけではなく、都市の人たちを含む99%の大部分の国民である。

 TPPに加盟すれば、農業が壊滅することは明らかである。その結果、農村が疲弊する。それと同時に都市も疲弊する。
 それは、農村や都市にいる99%の人たちの困窮をもたらす。トクをするのは、都市にいる1%の人だけである。
 このことを銘記しなければならない。

 

前回 TPPで軽自動車が消える

前々回 TPPで雇用が海外へ流出する

「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ