コラム 詳細

コラム:正義派の農政論

【森島 賢】

2014.06.02 
全国の生協などが農協つぶしに抗議一覧へ

 農協だけでなく、全国の生協を組織する日生協など、わが国の主要な協同組合が集まり、規制改革会議の農協つぶし案に対して、強い懸念を示す共同声明を発表した(声明文は本文の下)。
 言い方は穏やかだが、言っている内容は厳しい。内容は、法律に基づき、民間で自主的・民主的に組織されている協同組合に対して、強権的に解体を迫るものだ、とする激しい抗議である。
 経済的弱者どうしが、連帯して強者に立ち向かったのである。熱い敬意を表したい。

 この共同声明を発表したのは、日本協同組合連絡協議会である。はじめに、敬意を込めてその構成団体と、この共同声明に賛同した団体を記しておこう。

規制改革会議の農協つぶしに対する抗議の共同声明を発表した団体

 上の表で、団体名の後に、構成員の数を書いておいた。その中には、不明なものもあって、分かったものだけを書いた。合計すると4059万人になる。重複する人が若干はいるだろうが、その数は少ないとみられる。
 これだけの人たちが連帯すれば、規制改革会議の農協つぶしを阻止できるか。
 この人数は、全国の有権者は10396万人だから、その39%になる。
 また、この人数は、昨年の参議院選挙の全国区の投票者数は全部で5323万人だったから、その4分の3を超えて76%になる。もちろん第1党になって内閣を作り、その首相を出せる政治勢力になる。
 この人たちが連帯すれば、こんどの規制改革会議の農協つぶしを阻止することは、いとも容易なことになる。

 さらに、この人たちに労働組合員と中小企業主が加わればどうなるか。
 それは、国民の99%を占める経済的弱者の連帯になる。
 この連帯の力こそが、こんどの農協つぶしのたくらみなど、荒れ狂う市場原理主義の嵐を吹き飛ばす原動力になる。沈滞した日本を変える原動力になる。

 農協は、いままで保守派で、労組や生協は革新派とされてきた。そして、選挙ではいつも対立し、政治の場で反目しあってきた。弱者どうしが醜く対立し、反目しあってきた。
 その生協が、こうした過去のいきさつにとらわれず、農協つぶしに対し、連帯して反対を表明したのである。まさに隔世の感がある。後世に誇るべき歴史的な出来事といっていい。
 農協も、過去のいきさつにとらわれず、生協や労組や中小企業主と固い連帯を結び、弱者連合の力で、この危機を乗り越えねばならないだろう。

 農協はいま、市場原理主義農政の嵐にさらされている。保守本流の自民党に見放されようとしている。そうして存亡の崖っぷちに立たされている。
 いまこそ、弱者どうしが連帯し、保守の壁を越え、革新の壁を越え、弱者の立場に立って、99%の国民のための日本を再生する先頭に立ち続けねばならない。
 地方の各地では、すでにその萌芽が芽生えている。たとえば北海道のように。


(追記)
 今朝の日本農業新聞も伝えているが、国際協同組合同盟は、昨日、日本の農協つぶしを非難(condemn)する声明を発表した。
 同時にポーリン・グリーン会長は、この規制改革会議案は、協同組合運動の基本原則への攻撃であり、10億人に支えられている世界の協同組合運動の全体は、日本の協同組合運動家とともに立ち上がる、と語った。
 百万人の味方どころか、その千倍の10億人の味方が、力強い連帯を表明したのである。
 規制改革会議は、世界の顰蹙を買い、世界に日本の恥をさらしている。


日本協同組合連絡協議会などの共同声明は…ココ

日本の農協つぶしを非難(condemn)する声明は…ココ


(前回 TPP交渉の中断

(前々回 規制改革会議の農協つぶし

(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ