コラム 詳細

コラム:目明き千人

【原田 康】

2017.09.25 
准組合員も反省をしました。一覧へ

 小生、農協の准組合員になってもう10年以上となる。農協は2年前に合併をして10市にまたがり組合員も57400人(正・19900、准・37500)と典型的な都市農協になった。
 合併前の市の規模の時は事務所で参事さんや役員さんとも話し、総会も案内が来て准組合員の席も用意されていて議決以外は同じであった。事業報告、計画、決算、予算も配布された。合併をしたら総代会になったので准組合員には連絡がなく、総代会の内容は勿論のこと資料も送付がない。農協から郵送されるのは貯金や共済の残高明細、旅行やグランド・ゴルフ等の催し物の案内、年金友の会である。
 農協にとって准組合員はこの程度の認識かと腹を立てたがハタと気が付いたのは、自分の判断と意志で出資金を払い農協の活動に参加し、准組合員になったのであった。事業の利用、参加はむしろ組合員として積極的にやるべきことであって、貯金も共済もお客ではないのだ。 
 農業をしていないので事業利用、参加は限られたものとなるが事業や催しへの参加は組合員として積極にやるものであって、組合の方から連絡がないと文句を言うのは筋違いであることに気が付いた。正組合員も経営規模、栽培品目、畜種などが様々であるが准組合員はもっと多様な人達がそれぞれの判断で組合員となっている。
このような正・准の組合員が満足をする組合の運営はさぞ大変なことに気が付いた。
 准組合員の農協へ期待をすることはそれこそ千差万別であるが、皆自分の意志で加入をしたのであり事業利用、参加についても個人差が大きい。「農協改革」で准組合員問題がテーマとなり、各農協では工夫をした事業の取り組みが進みアクテイブ・パートーナーシップ等議論がされている。組合員も正組合員よりも准組合員の方が多い。准組合員の問題は避けて通れないので准組合員の皆さんと直接話し合いをする場をつくり各農協の力量に応じて出来ることから始めたら如何か。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ