金融・共済 ニュース詳細

2017.12.05 
台風21・22号による建更共済金支払金約150億円 JA共済連一覧へ

 JA共済連は、今年10月に発生した台風21号と22号による建物更生共済の共済金支払見込額(11月末現在)をまとめた。

 これによると被害契約件数は全国で4万7540件、共済金支払見込額は149億6963万円となっている。
 都道府県別にみると、福井県が件数6558件、16億8570万円と件数、共済金支払額とももっとも多い。その他、件数および支払金額見込額が多い府県を件数順にあげると、高知県4681件・12億992万円、滋賀県4060件・10億9495万円、兵庫県3875件・9億3540万円、千葉県3463件・10億6635万円、三重県2743件・9億5119万円、京都府2479件・15億4595万円となっている。
 また、29年度における主な自然災害での建物更生共済の共済金支払額(12月1日現在)は▽7月の台風3号および7月5日からの大雨が88億円▽9月の台風18号が55億円
となっている。
 ちなみに28年度では、4月の熊本地震が、1475億円、10月の鳥取県中部地震が90億円だった。

 

(関連記事)
年金テーマにWebサイト開設 JA共済連(17.11.29)
台風21号の暴風雨災害 激甚災害指定(17.11.28)
わずか1時間足らずで完売 JA共済・早稲田大学寄付講座『東北まるしぇ in JA共済ビル』(17.11.24)
朝倉町で治山災害緊急事業 林野庁(17.08.29)
豪雨、暴風雨被害を激甚災害に指定-政府(17.08.09)
建更の共済支払見込額66億円 九州北部の台風3号および大雨被害(17.08.03)

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ