金融・共済 ニュース詳細

2018.01.19 
第13回JAバンク担い手金融リーダー全国大会一覧へ

・農林中央金庫

 農林中央金庫は1月25日、第13回JAバンク担い手金融リーダー全国大会を東京ベイ舞浜ホテルで開催する。

 高齢化や耕作放棄地の増加など、国内農業の環境の厳しさが増す中で、農業生産者(個人・兼業農家)の大規模化やニーズの高度化、多様化は今後、一層進むものと見られている。そのような情勢の下でJAバンクとして担い手への一層の対応力強化が求められている。
 今回は信用職員の参加だけではなく、TAC(営農経済部門職員)も参加。「高度化・多様化する担い手経営体のニーズへの対応、系統内連携・系統外連携態勢の構築・強化」をメインテーマに基調講演やグループ討議などを通じ、参加者相互の研鑽・交流を図り、農業メインバンク機能の強化、JAグループの一層の総合力発揮に向けた取り組みの強化を図る考えだ。
 
【開催概要】
 ○日時:1月25日13:00から26日11:40
 ○会場:東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート(千葉県浦安市)
 ○問い合わせ先:同公庫広報CRS企画室
 ○TEL:03-5222-2017.

 

(関連記事)
農業総産出額 16年ぶり9兆円超す-28年(17.12.29)
【戸井・全農チーフオフィサーに聞く】変化する消費現場に的確に応える(17.12.20)
農業のあらゆる分野をコーディネートするF-TACへ(17.11.22)
【神出元一・JA全農代表理事理事長】生産者が実感できる「改革」実行(前半)(17.10.30)
事業承継支援は農協の総合力発揮そのもの(17.05.26)
JA全農 「事業承継ブック―親子間の話し合いのきっかけに―」発行(17.02.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ