JAの活動 ニュース詳細

2018.07.04 
九州北部豪雨 被災地・あさくら支援でフェアーJAグループと高島屋一覧へ

 JA筑前あさくら(福岡県朝倉市)は高島屋新宿店で、7月5日から8日までの4日間にわたって「福岡・あさくら復興フェアを開く。

 フェアは、昨年7月の「九州北部豪雨」で多大な被害を受けた朝倉市の農産物や加工品の販売を通じて、被災地の農産物や加工品を首都圏の消費者へPRし、一日も早い復興につなげることを目的に開くもの。
 当日は福岡県のみで生産されるイチジク「とよみつひめ」やモモ、ブドウなどをはじめ、多数の商品を販売する。また、第2弾企画では、高島屋の秋冬ギフトで同県オリジナル品種の柿「秋王」を販売する予定。
 老舗デパートの高島屋は「復興フェア」などを通じて、被災地の農水畜産物が安定的に販売できるための「体制づくり支援」に取り組んでおり、今年1月のJAグループとJFグループによる「九州・沖縄/食の発信商談会」をきっかけに、高島屋新宿店で今回の復興フェアを開催することになった。
 高島屋は、会場となる同店2階JR口店外スペースの売り場を無償で提供するとともに、フェアが成功するように全面支援する。
 また、農林中金とJA福岡信連は会期中、共同で商談会を開き、農業所得の増大や地域活性化応援プログラムによる費用助成や人的支援などの相談業務を行う。

 

(関連記事)
6次化大賞に「ゆめぴりか甘酒」(17.03.02)
[64]柿茶(かっきちゃ)(15.05.18)
[49]柿の加工品(15.03.17)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ