農政 ニュース詳細

2018.05.02 
「温暖化で野菜は食べられなくなる?」をテーマに市民講座一覧へ

・農研機構、つくば市で5月開催へ

 農研機構は5月12日に、茨城県つくば市の「食と農の科学館」で参加費無料の市民講座を開催する。テーマは「温暖化が進むと野菜は食べられなくなるのか?」。講師は岡田邦彦同機構野菜生産システム研究領域長。機構では広く参加者を募っている。

 講座では、温暖化が進むと野菜は生産者や消費者に対して、どのような影響を及ぼすのかを考える。野菜生産は他の多くの作物とは異なる特性を持っているため、生産者にはかなりの影響が予想されるが、消費者に対する影響は果樹生産や漁業ほど顕著なものではないと考えられている。この問題について「温暖化」をキーワードに解き明かしていく。
 農研機構による市民講座は今回で第20回目。地域の人々に農業試験研究の最前線や具体的な取り組み事例など紹介し、理解増進を図るのが目的。各専門分野の研究者が親しみやすく解説するので、市民の間では人気がある。会場は同科学館のほかに、東京の港区新商工会館などでも開かれている。
 講座の開催日時などの概要は次の通り。


○日時:5月12日(土)、午前10時から11時まで。
○開催場所:食と農の科学館オリエンテーションルーム(茨城県つくば市観音台3-1-1)
○TEL:029-838-8980。
○申し込み方法:農研機構市民講座 申込みフォーム

 

(関連記事)
地球温暖化時代の日本の農水産業 農研機構が研究成果発表(18.01.31)
地球温暖化時代の農業・水産業で研究成果発表会(18.01.17)
秩父の水と森林を守れ 環境問題のNGO来日(17.11.08)
資源作物「エリアンサス」で世界初の燃料の地域自給(17.09.14)
【木本昌秀教授・東京大学大気海洋研究所副所長に聞く】異常な夏 今、地球は?(17.08.30)
【インタビュー・民進党衆議院議員篠原孝氏に聞く】国会審議は不十分(16.12.17)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ