農薬 ニュース詳細

2017.09.01 
新殺菌剤 世界各地で登録申請を加速 BASF一覧へ

 ドイツのBASF社は最新の殺菌剤有効成分である「Revysol(R)」の農薬登録申請を世界各地で加速している。

 ドイツのBASF社によれば「Revysol」(レヴィソル)は、トリアゾールの化学分類から得られる「革新的かつ非常に効果的な殺菌剤有効成分」で、同社の「殺菌剤における主導的地位を強化」すると位置づけている。
 同剤は既に2016年3月にEUで農薬登録申請をしているが、その後、ブラジルで、さらに今年8月22日には米国、カナダ、メキシコでも農薬登録のために、関係書類を規制当局に提出したと発表した。さらに「今年中にはアジアの主要市場でも登録作業を進める」予定だが、日本でのスケジュールは今のところ未定だという。
 「レヴィソル」は、穀物や畑作・園芸作物や果樹などで汎用的に使用できる殺菌剤として期待されているが、ブラジルでは、大豆・トウモロコシ・コットン・コーヒーなどを適用作物として申請している。
 同社の農薬事業本部、グローバルストラテジックマーケティング担当シニアバイスプレジデントのユルゲン・フフ氏は、「抵抗性や病害のプレッシャーが高まる中、新たな化学の解決策の発見に注力するという当社の戦略が結果を出した」とし、「レヴィソルが有効成分として、F500(R)やXemium(R)に次ぐ大ヒットになる可能性を確信している」と語っている。
 同社としては2019/2020年の使用シーズンに向けて市場投入を予定しているが、北米市場が殺菌剤の戦略的重要性があることから、レヴィソルを米国ミズーリ州ハンニバルの生産施設で製造することも発表した。

(関連記事)


除草剤耐性の新形質発見に向け提携 BASFとKaiima(17.08.02)


新規殺菌剤開発で戦略的協力関係を構築 住友化学とBASF(17.06.13)


【決算】2015年第1四半期業績好調 BASF(15.05.12)


第1四半期業績大幅増ーBASF(17.05.09)


インド・ムンバイの新研究開発拠点が始動 BASF(17.03.17)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ