農薬 ニュース詳細

2018.04.02 
トマト・イチゴなどにも「アグリメック」を シンジェンタ ジャパン一覧へ

 シンジェンタ ジャパン(株)は、同社が販売する殺虫剤「アグリメック」が、3月30日付でトマト・キュウリ・カンキツ・イチゴにも適用拡大したと発表した。

アグリメック シンジェンタ ジャパン 「アグリメック」の有効成分アバメクチンは、日本で発見された土壌微生物を基に開発が進められた。世界60か国以上で登録され、日本では2013年6月の発売開始以来、茶・花き類・果菜類で使用され、従来の有効成分に抵抗性を持つ難防除害虫にも高い効果を発揮してきている。
 今回の適用拡大で「トマト」のタバココナジラミ類(バイオタイプQを含む)、「キュウリ」のハダニ類、アザミウマ類、「イチゴ」親株育成期および育苗期のハダニ類といった有効な防除手段の少ない害虫に対して「新たな解決策を提供できる」と同社では考えている。
 また、「カンキツ」でもアザミウマ類・ミカンサビダニ・チャノホコリダニを同時に防除が可能で、しかも高い耐雨性を有する定期防除の基幹剤として期待されている。

 
【アグリメック(有効成分アバメクチン)の特長】
 ▽接触毒・食毒により素早く作用し、神経伝達を阻害し害虫を防除。
 ▽優れた浸達性により、散布した有効成分が速やかに植物体内部に浸達。薬剤の届きにくい場所にいる隠れた害虫も逃さない。
 ▽ウイルス病を媒介するコナジラミ類をはじめ、トマト・キュウリなどの果菜類における主要病害虫の成虫・幼虫に対して高い効果を示し、ダニ類、アザミウマ類との同時防除が可能。
 ▽優れた特長(残効性、浸達性、耐雨性)でかんきつの主要害虫を同時防除する。
 ▽幅広い殺虫スペクトラム、残効性、浸達性、耐雨性でカンキツの主要害虫を同時防除する。

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ