農薬 特集詳細

特集:年頭あいさつ2018

2018.01.02 
谷 和功 氏(三井化学アグロ株式会社 代表取締役社長)一覧へ

高機能農薬の創製こそ事業の核

 

谷 和功 氏(三井化学アグロ株式会社 代表取締役社長) 謹んで新年のお慶びを申し上げます。
 早いもので「平成」も30年目を迎えました。新しい年が皆さまにとって良き1年となりますよう、祈念しております。
 さて昨年、三井化学アグロは主力原体がそれぞれ発売開始よりエトフェンプロックス30年、ジノテフラン15年、フルスルファミド25年を迎える節目の年となりました。これまで長く農業生産者の皆さまにご愛顧いただき、改めて感謝申し上げます。
 一方、農薬取締行政の改革で再評価制度の導入が決定され、これらの原体についても再評価を受けることとなります。当社はこの問題を重要な課題と位置付け、農家の皆さま、さらには消費者の皆さまにご迷惑をお掛けしないよう、再評価を乗り越えて製品の提供を継続していきたいと考えております。
 また、三井化学グループでは2025年の長期目標を設定しました。その中で三井化学アグロが担う農業化学品事業も、今後成長すべき事業分野の中のコア事業として、拡大を加速します。開発に注力している新規5原体はいずれも新規の作用機構を持つ点が特長です。
 すでに2016年に上市した殺菌剤トルプロカルブは、イネいもち病の耐性菌にも有効で、日本国内での普及に取り組んでいます。続いて水稲用除草剤のシクロピリモレート、殺虫剤ブロフラニリドの日本国内および海外での上市を予定しています。
 特にブロフラニリドは、世界農薬工業連盟のIRAC(殺虫剤抵抗性管理委員会)でまったく新しいグループ30の分類となり、抵抗性を持つ害虫にも有効で、農業用途だけでなく、ベクターコントロールなどの分野でも期待できます。
 三井化学グループでは、事業活動を通じて目指す未来社会の姿として、健康・安心な長寿社会の実現、地域と調和した産業基盤の実現、環境と調和した共生社会の実現の3つを掲げています。
 農業化学品事業を担う当社においては、安全・安心な食料生産、世界人口の増加に対応する食料増産、さらには地球環境の保護に事業活動を通じて寄与し「SDGs」(国連が掲げる持続可能な開発目標)の実現に貢献していきたいと考えております。 三井化学アグロは、これからも、安全・安心で高品質な農作物を、安定的かつ効率的に生産するため、農業生産者の皆さまから求められる高機能な農薬を創製し続けてまいります。
 末筆となりますが、農業生産者の皆さまならびに関連各界の皆さまの益々のご発展とご健勝を祈念しますとともに、本年もご厚情を賜りますようお願い申し上げます。

農薬工業会副会長

 

(関連記事)
高機能な新規剤提供で世界の農業に貢献【谷 和功・三井化学アグロ(株)代表取締役社長】(17.12.28)
ハイブリッド米で反収14俵(17.11.27)
新会長に西本麗氏を選任 農薬工業会通常総会(17.05.19)
水稲用中期除草ジャンボ剤2剤を発売 三井化学アグロ(17.04.25)
【時の人 話題の組織】谷 和功(三井化学アグロ株式会社代表取締役社長)絶えず革新による成長を追求

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ