人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

「ネクスト指定野菜」&「もっと食べたい野菜」ランキング発表2024年4月26日

一覧へ

リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、外食のプロフェッショナルを集め、外食トレンドを発表するための「トレンド座談会」を開催。今回は「指定野菜」について、20代~60代の男女1035人にアンケート調査を実施した。

次に「指定野菜」へ昇格しそうな「特定野菜」ランキング次に「指定野菜」へ昇格しそうな「特定野菜」ランキング

2026年度から「指定野菜」に追加されるブロッコリー。「指定野菜」は、消費量が多く国民生活上の重要性が高い品目として国が位置づける制度で、「指定野菜」に準じるものに35品目ある「特定野菜」があり、「ブロッコリー」がこれに該当する。

今回の調査では、「ブロッコリーを除く34品目の「特定野菜」から次に「指定野菜」へと昇格しそうだと思うものはどれですか?」と聞いたところ、1位は「かぼちゃ」36.7%、2位「サツマイモ」31.9%、3位は「ごぼう」25.8%の順位となった。

一方、「指定野菜」でも「特定野菜」でもないが、「もっと食べたい」と思っている野菜」についての調査では、男女で約6ポイントの差があるものの、1位は「とうもろこし」。2位以下も、「男性」「女性」とも順位は異なるが、上位10品目中8品目は同じ野菜がランクインする結果となった。

ランキングの特徴として、どの野菜も全体的に女性の方が割合が高く、野菜の摂取量を意識している傾向がみられた。トップ10のなかで最も大きく差が出たのは「えのき」で約11ポイント女性の方が高くなった。

男女別:「指定野菜」でも「特定野菜」でもないが、「もっと食べたい」と思っている野菜(菌類・山菜等含む)トップ10男女別:「指定野菜」でも「特定野菜」でもないが、「もっと食べたい」と思っている野菜(菌類・山菜等含む)
トップ10

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る