栽培技術 ニュース詳細

2017.09.14 
九州でウンカの発生が 平成29年度病害虫予報第7号一覧へ

 農水省は、九州の一部地域などで、水稲でトビイロウンカの発生が多くなると予測するなど、向こう1か月間の病害虫発生予察情報を13日に発表した。

 主要な品目別の病害虫発生予察情報は以下の通り。発生予想地域の「★」印は「発生が多い」と予測される地域、「☆」印は「やや多い」と予測される地域

【水稲】
○トビイロウンカ:★九州
○穂いもち:☆北関東、東海
○紋枯病:★関東、北陸、東海、近畿、中国、四国、北九州
○斑点米カメムシ類:★北関東、中国、四国、北九州。☆北東北、南関東、甲信、近畿、南九州

 トビイロウンカは、福岡県、佐賀県、長崎県、鹿児島県では、発生量が多いとして「注意報」が発表されている。

【イチゴ】
○アブラムシ類:★北九州。☆南関東、東海。
○ハダニ類:★北九州。☆南関東、東海。
○炭疽病:★九州。☆関東、東海。

【キュウリ】
○うどんこ病:☆南関東、近畿、南九州。

【トマト】
○灰色かび病:★東海。☆南東北、中国。

【ナス】
○アザミウマ類:☆南関東、東海、近畿。
○ハダニ類:★中国。☆近畿、中四国。
○うどんこ病:☆北関東、東海、近畿。

【ネギ】
○アザミウマ類:★北関東、北陸、近畿、四国。☆北東北、南関東、東海。
○さび病:☆北東北、北陸。
○べと病:★北東北。

【大豆】
○吸実性カメムシ類:★関東、北九州。☆東北、東海、近畿、中国、四国。

【アブラナ科野菜】
○コナガ:☆北東北、東海。

【野菜・花き 作物共通】
○オオタバコガ:★中国。☆北東北、北陸、東海、近畿、四国。
○シロイチモジヨトウ:★北陸、東海、近畿、四国。☆南東北、南関東、北九州。
○ハスモンヨトウ:★北関東、東海、近畿、北九州。☆南関東、中国、四国、南九州。

 ヨトウムシ類の発生が、南東北から九州にわたる一部地域で多くなると予測され、愛知県、大分県では「シロイチモジヨトウ」に関する「注意報」が出されている。

【かんきつ】
○ハダニ類(ミカンハダニ):☆南関東、東海、近畿、四国、北九州。

【ナシ】
○黒星病:★南東北、北陸。☆北東北、南関東、近畿。
○ハダニ類:☆北東北、近畿。北九州。

【ブドウ】
○晩腐病:☆北関東、甲信、北陸。
○べと病:★北東北。☆近畿、南九州。

【リンゴ】
○褐斑病:★北東北。☆南東北。
○黒星病:★北海道。☆東北。

【果樹共通】
○果樹カメムシ類:★北東北、北陸、東海、中国、四国、九州。☆近畿。

 果樹カメムシ類については、京都府、島根県、山口県、香川県、愛媛県では予察灯への誘殺数が多いとして「注意報」は出されている。

【茶】
○ハダニ類(カンザワハダニ):★北九州。☆南関東。
○ハマキムシ類:★南関東、北九州。

(関連記事)


カメムシ類の発生が多い「病害虫発生予報第5号(水稲特集)」(17.07.31)


【秋冬野菜の病害虫防除】病害虫の活動が活発に!(17.07.27)


梅雨の時期 イネいもちに要注意 病害虫発生予報(17.06.15)


アブラムシ類に注意 病害虫発生予報(17.05.19)


最重要時期は被害を受けやすい5~6月 【ミカンの病害虫防除のポイント】(17.05.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ