左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

梅雨の時期 イネいもちに要注意 病害虫発生予報2017年6月15日

一覧へ

 農水省は6月14日、病害虫発生予報を公表した。

 気象庁による向こう1か月の予報(6月8日付)は、西日本で気温が平年並みまたは低く、降水量は平年並みまたは多い。日照時間は平年並みか少ないと予想されている。沖縄・奄美では、気温が平年並みか高く、降水量は平年並みか多くなると予想されている。その他の地域については平年並みの気温と降水量と予測される。

【水稲】

病害虫発生予報6月8日付(水稲)

 イネいもち病の発生が一部の地域で多くなると予想されている。いもち病は梅雨の時期に急激に増加する恐れがあるため注意を喚起している。

【野菜・花き】

病害虫発生予報6月8日付(野菜)

【果樹・茶】

nous1706150603.gif

 カンキツはミカンハダニが南関東や九州などで多くなっているため、梅雨入り後も引き続き発生が続くと予想される。
 なしはナシ黒星病が南東北、九州などで多くなると予想されており、5月以降は秋田県や愛知県で同病の注意報が発表されている。梅雨時期は発生が助長されるため注意すること。

 5月16日以降、都道府県が発表している警報はない。
 特殊報は次の通り。
▽5月31日:熊本県・トルコギキョウにトルコギキョウ斑点病
▽6月5日:徳島県・らっきょうにホモノハダニ
▽6月8日:栃木県・りんどうにリンドウえそ斑紋病

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ナガセサンバイオ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る