Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

アブラムシ類に注意 病害虫発生予報2017年5月19日

一覧へ

 農水省は5月17日、平成29年度病害虫発生予報第2号を公表した。

 気象庁によると、向こう1か月の天気は全国的に気温が高く、降水量は平年並みか少なくなると予想している。
〇水稲
 イネ縞葉枯病は関東で発生が多く、北陸や近畿でもやや多いと予想。イネミズゾウムシは北陸と北九州で発生がやや多いと予想されている。
〇麦類
 赤かび病は北九州で発生が多く、北東北や北陸でやや発生が多いと予想されている。またうどんこ病は北東北、関東、北陸、東海でやや多いと予想されている。
〇野菜・花き
野菜・花き〇果樹・茶
果樹・茶
 
 緊急防除について、ウメ輪紋病とジャガイモシロシストセンチュウの発生地域は引き続き注意を促している。なお、ウメ輪紋病はアブラムシ類で媒介するため、発生地域は気温の上昇とともに発生が多くなるアブラムシの防除を徹底するよう喚起している。

 その他、4月18日以降、都道府県が発表している警報はない。特殊報は次の通り。
▽4月24日:鳥取県でトマトにトマト葉かび病(レース2.9)
▽26日:東京都でトマトにトマト黄化病
▽5月1日:大分県でトルコギキョウにトルコギキョウ斑点病
▽2日:香川県でラナンキュラスにラナンキュラス葉化病

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る