栽培技術 ニュース詳細

2018.05.30 
アブラムシの天敵利用でシンポ一覧へ

・8月2日、生研機構が福岡市で

 農研機構は8月2日、福岡市で、天敵を利用した施設栽培におけるアブラムシ類の防除技術を紹介するシンポジウムを開く。

 寄生蜂を用いた新たなバンカー法や,飛ばないナミテントウムシなどの天敵利用技術を紹介する。

 

 詳細は次の通り。
○日時:平成30年8月2日午後1時から
○場所:福岡市中央区天神4丁目8-10「都久志会館」
○参加費:無料
○申し込み方法:6月30日までに施設野菜栽培におけるアブラムシ類防除のための天敵利用技術参加申込から。

 

(関連記事)
麦類赤かび病防除が重要 農水省(18.05.19)
【春夏野菜の病害虫防除】密度が低い初期に徹底して叩く(18.05.08)
30年度病害虫発生予報で第1号を発表(18.04.19)
斑点米カメムシや吸汁性害虫に効果 ダウが新剤(18.01.26)
薬剤抵抗性害虫次世代管理体系構築でシンポ 農水省(17.10.17)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ