栽培技術 ニュース詳細

2018.07.03 
約700名が参加 タキイ種苗が夏期研修会一覧へ

・展示や講習会で最新情報を披露

 タキイ種苗(株)は6月28日、同社茨城研究農場(茨城県稲敷市)で、2018年夏期農場研修会を開いた。

長期栽培に向く大玉・多収が魅力のトマト「桃太郎ネクスト」 研修会は、生産者、JA営農指導員、種苗店、市場関係者など約700名を招いて行われた。会場では露地やハウスなどの圃場で栽培された推奨品種の大玉トマト「桃太郎ネクスト」やトゲがなく食味の良い長ナスの「PC筑陽」、鮮やかなパステルグリーンと丸莢(さや)形状が特徴のオクラ「ヘルシエ」などを展示紹介した。

(写真)長期栽培に向く大玉・多収が魅力のトマト「桃太郎ネクスト」

 

 

 

段違いのねばとろ感が特徴の「ヘルシエ」 桃太郎ネクストは大玉で多収、長期栽培向き。また長ナスのPC筑陽は「単為結果性」の高さが特徴。単為結果とは受精を伴わず、種のないまま果実が生じる現象。種がないことは、生産者側からすると「受粉作業をせずに栽培できる」効率性と安定した収量が確保できること。また消費者側からは「食べやすい」というメリットをもたらす。
 新タイプのオクラ「ヘルシア」は段違いの粘りの強さをもつ。肉質は柔らかく食味も良い。莢が真っすぐで陳列時の見栄えが良い。また15cm程度まで取り遅れても硬くなりにくく、販売的にも有利だ。

(写真)段違いのねばとろ感が特徴の「ヘルシエ」

 

受粉作業の手間が不要の長ナス「PC筑陽」 会場では、農業資材の実演展示も行われた。さらに、(1)果菜類の土壌被害と品種対応について、(2)ストレスに対応できる資材の有効活用の二つをテーマに専門担当者による室内講習会も行われた。農業関連資材商品や産地青果物、パネルなどの展示、試食コーナーも多くの関心を集めた。同社の最新情報などが詳しく説明されたことで、参加者からは「勉強になり来て本当に良かった」との声が多くあがった。

(写真)受粉作業の手間が不要の長ナス「PC筑陽」

 

(関連記事)
真上を向いて咲くヒマワリ登場 タキイ種苗(18.06.15)
今年最も食べられた野菜は「たまねぎ」 タキイ種苗(17.12.15)
耐病性と食味を両立 新品種トマト「桃太郎ホープ」を発売-タキイ種苗(17.12.12)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ