農機・資材 ニュース詳細

2017.05.31 
6月13日から「FOOMA JAPAN2017」過去最大規模で開催 日本食品機械工業会一覧へ

 (一社)日本食品機械工業会が主催する食の技術の総合展示会「FOOMA JAPAN2017」が、6月13日~16日の4日間、東京ビッグサイトにおいて「食の未来への羅針盤」をテーマに、過去最大規模で開催される。

新JAS規格巡り農水省松本室長が講演 1978年の「FOOMA JAPAN」初開催から40回目を迎える今回は、「食の未来への羅針盤」をテーマに、過去最多の775社(共同出展含む)が新設の東7、8ホール(15.000平方m)を加えた34.237平方mに最新の機器、製品、技術などを出展する。
 会場には、食品製造プロセスの自動化・効率化・省力化・高品質化を図る最新鋭の機器や製品と最先端技術、またロボット技術やビッグデータを活用した品質管理、IoT活用の効率的生産システムなどが展示される。
 期間中は、出展企業が自社の製品や技術、サービスなどについて説明する出展社プレゼンテーションセミナー、各大学・研究機関・学会の研究発表、セミナー、シンポジウムも開催される。
 中でも注目される講演は、農林水産省 食料産業局食品製造課 松本修一食品規格室長の「自社の魅力をJAS規格でアピール!!~新たなJAS規格の活用方法~」だ。
 ビジネスシーンにおけるJAS規格の活用アイデアについて、事例を含めて紹介するとともに、ビジネスニーズに応じ、来場者・企業が、JAS規格を提案する際の手続きなどを説明する。
 講演は6月16日(金)の11:00~11:40と13:30~14:10の2回。定員は各回とも90名。会場は東8ホール商談室(2)・(3)において。
(写真)新JAS規格巡り農水省松本室長が講演

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ