農機・資材 ニュース詳細

2017.12.15 
農業女子PJコラボ農機「歩行型草刈機」を発表 井関農機一覧へ

 農林水産省が主催する「農業女子プロジェクト」は、2013年11月に発足、本年11月で第5期目を迎えた。12月13日、井関農機は、つくばみらい市の同社「夢ある農業総合研究所」において、農業女子PJ4年の歩みを報告し、併せて農業女子コラボ農機第3弾となる「歩行型草刈機」をはじめ、2018年度上期新商品9品目18型式を発表した。

左から菊池昭夫営業本部長、南 健治会長、木下榮一郎社長 発表会の冒頭、木下榮一郎社長は「当社は、農業女子プロジェクト発足当初から参画し、農業女子PJコラボ商品第1弾のトラクタ『しろプチ』を一昨年に発表、昨年は第2弾として、ミニ耕うん機『ちょこプチ』を発売した。本日はコラボ商品第3弾となる歩行型草刈機『プチもあ』を発表する」と述べた。
 農業女子コラボ農機の開発にあたっては、女性視点での要望やアイデアを採り入れ、ネーミング、デザイン、仕様などについての数多くの意見やダメ出しも含め、農業女子仕様のコンセプトをたかめていった。

(写真)左から菊池昭夫営業本部長、南健治会長、木下榮一郎社長

 


左からヰセキ小野部長、木下社長、榎本佐和子さん、久和田早紀さん、上月良祐農水大臣政務官。 だからこそコラボ農機は「女性だけでなく、高齢者や非農家の方にとっても、安全で使い易いと高く評価されている。また、女性農業者を対象に、農機取扱いセミナーを全国各地で実施している」と、ハード、ソフト両面でのヰセキの支援対応を説明した。
 2018年度上期新商品では、農業女子コラボ第3弾の歩行型草刈機「プチもあ」をはじめ、JAグループの低価格モデルモニター機に採用された大型トラクタTJXシリーズなど、9品目18型式が発表された。

(写真)左からヰセキ小野部長、木下社長、榎本佐和子さん、久和田早紀さん、上月良祐農水大臣政務官。

 

(関連記事)
「ファーマーズ&キッズフェスタ2017」開催 JAグループ・ヰセキ(17.11.13)
丸の内農園に農業女子とのコラボ農機出展 ヰセキ・丸山(17.11.07)
「夢ある農業女子応援Project in東北」開催 井関農機(17.08.08)
ロボトラなど新商品を発表 井関農機(17.06.15)
優績営業マン 約800名が集い(17.01.16)
平成29年度上期新商品 ミニ耕うん機「ちょこプチ」など10品目16型式を発表(16.12.16)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ