想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

マリ共和国に支援米を発送  JA長野県グループら2013年1月16日

一覧へ

 JA長野県グループと食とみどり・水を守る長野県民会議は「アジア・アフリカ支援米、国際協力田米合同発送式」を1月11日、JA長野県ビルで開いた。

 JA長野県グループは「国際協力田運動」、長野県労農会議は「アジア・アフリカ支援米」活動として、休耕田などを活用して収穫した米を食料不足に苦しむ発展途上国に送る活動に平成10年から取り組んでいる。
 今年度は食とみどり・水を守る長野県民会議から約4.5t、JA長野県グループから約5tの支援米が集まった。JA長野県グループは活動15年目の今年、県下14JAが参加し、作付面積は158aとなった。
 支援米はNGO団体マザーランド・アカデミー・インターナショナルを通じて3月にアフリカのマリ共和国へ送られる。発送式では「このお米が役立ちますよう」などバマラ語のメッセージを米袋に寄せた。
 昨年度、日本が同国に送った支援米は約33tで、その約27%を両者が占めている。

トラックへの積み込み作業(左)、米袋に思いを込めてメッセージを記入

(写真)
トラックへの積み込み作業(左)、米袋に思いを込めてメッセージを記入

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る