想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「フード・アクション・ニッポンアワード2020」入賞100産品が決定 農水省2020年11月20日

一覧へ

農林水産省は、地域の農林水産物や食文化の魅力を活かした産品を発掘するコンテスト「フード・アクション・ニッポンアワード」を開催。応募総数1019産品の中から入賞の100産品が決まった。

「フード・アクション・ニッポンアワード2020」入賞100産品が決定 農水省

「フード・アクション・ニッポンアワード」は、国産農林水産物の消費拡大に寄与する事業者や団体の産品を募集し、発掘・表彰するイベント。今年は、「日本の魅力ある産品を、今だからこそ知ってほしい」をテーマに8月24日から募集を始め、北海道から沖縄まで、全国から1019産品が集まった。地産地消・農福連携をめざす生産者や、生産から流通・販売まで行う生産者など、地元の食材やこれまでの経験を生かして新しい食を生み出そうという意欲の高い産品の募集が多くみられた。

入賞したのは、フードロス減少への取り組みをめざす産品や、高校生が研究テーマに基づいて開発した産品、グルテンフリー・アレルギーフリーにこだわり生産された産品。また、コロナ禍でおうちごはんを楽しむ人が増える中、家庭料理に活用できる産品や、見た目も映える菓子類産品も多く選ばれた。

入賞100産品は、12月11日開催の二次審査(検品会)を経て、各審査委員企業による最終審査を行い受賞産品を選定。最終審査は、審査委員の国内の大手百貨店、流通、外食事業、リゾートホテル事業などのトップ10人が作り手の想いやストーリー等を基準に選び、発表・表彰式は、2021年1月26日にオンラインで実施する。

また、全国の生産者と飲食店をつなげるECサイトのREACHSTOCKが「REACHSTOCKが選ぶ一次生産物3産品」と、"FANバサダー芸人"の小島よしおとクック井上。による「FANバサダー芸人が選ぶ優れた3産品」も同時に発表・表彰する。

(画像)
01:※イメージで使ってください

02、03:『フード・アクション・ニッポンアワード2020』入賞100選産品一覧

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る