Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

次世代フィターゼ「ナツフォスE」を販売開始 BASF2020年8月7日

一覧へ

BASFは、国内飼料業界向けに必須栄養素の有効利用を可能にする新しいフィターゼ「ナツフォスE」の販売を開始したと発表した。

家畜の効率的な成長に寄与・優れた安定性のフィターゼ製品家畜の効率的な成長に寄与・優れた安定性のフィターゼ製品

「ナツフォスE」は、プレミックス(家畜の成育に必要となるビタミン・ミネラルなどの微量成分をあらかじめ混合した飼料添加物)の安定性に優れており、最高温度95度でペレット加工される飼料への利用が可能で、18か月間の長期保存でも変質しない安定性を有しているのが特長。

日本国内において食肉消費量の拡大により10年間で畜産農家1戸あたりのブロイラーと豚の飼養頭数はそれぞれ約40%と60%増加している。そのため飼料効率と環境への影響を考慮した畜産経営は多くの農家にとって重要な課題となっている。

また、「ナツフォスE」は家畜の消化プロセスにおいて、ミネラル、微量元素、アミノ酸などのフィチン酸に結合した他の必須栄養素も放出し、リン酸塩と窒素の排泄量が減少して水や土地の汚染低減にも役立つという。
BASFアジア地域統括本部アニマルニュートリション営業部の責任者ダニエル・ヴッソーは「BASFは、飼料業界が直面している課題に対処するために、高品質の製品と効率的なソリューションを提供することに尽力しています。革新的な『ナツフォスE』を使用することで、飼料メーカーや畜産農家は、バランスの取れた栄養の確保を通じてコスト効率の恩恵を受けるだけでなく、環境保全にも貢献できます」と述べている。

日本国内では、「ナツフォスE」製剤のほか、倍散品である「ナツフォスE2500ブレンド」も販売する。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る