Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
ベリマークSC:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

アクシーブ剤がブラジルで農薬登録取得 クミアイ化学2020年8月25日

一覧へ

クミアイ化学は、8月5日付で同社開発剤アクシーブ(一般名:ピロキサスルホン)とアクシーブを有効成分として含有する畑作用除草剤がブラジルで農薬登録されたと発表した。

同社が開発したアクシーブは、ダイズ、コムギ、トウモロコシなどの主要作物に幅広く使用可能で2011年に豪州で登録取得以降、ブラジルは16か国目の登録取得国となる。

ブラジルでの本剤の販売は、同社持分法適用会社のイハラブラス社を通じて開始する。本剤はダイズ、コムギに加えて、サトウキビ栽培において問題となっているイネ科雑草から小型広葉雑草まで幅広い雑草に高い効果を示すという。ブラジルではこれらの作物を対象に土壌処理兼茎葉処理除草剤として普及、拡販し、総普及面積100万haを目指していく考え。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る