Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

2つの殺線虫剤の適用を拡大 エス・ディー・エス バイオテック2020年8月27日

一覧へ

株式会社エス・ディー・エス バイオテックは8月17日、2つの殺線虫剤が適用拡大になったこを公表した。

2つの殺線虫剤は「DC油剤」と「バックアップフロアブル」で、ネギを適用範囲とする前者は「ネダニ類」を追加、後者は「適用雑草の範囲及び使用方法」を変更した。

「バックアップフロアブル」の適用内容の変更は、「適用雑草の範囲及び使用方法」を改めたもので、一年生雑草の使用時期に「雑草発生前」を追加。その使用料は10ヘクタール当たり0.5~1リットル、希釈水量は10ヘクタール当たり200リットルとしている。

また、適用雑草名「一年生雑草、多年生雑草」の使用時期「雑草生育期(草丈30cm以下)」を「雑草生育期」に、使用方法の「植栽地を除く植木等の周辺地に雑草茎葉散布」を「植栽地を除く植木等の周辺地に雑草茎葉散布又は全面土壌散布」に改めている。

【株式会社エス・ディー・エス バイオテック】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

DiSC:SP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る