Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

7月末農薬出荷数量2.1%減 金額は0.6%増2020年9月17日

一覧へ

農薬工業会がこのほど発表した2020農薬年度7月末の累計出荷統計(暫定)によると、数量は15万8744トンで対前年度比2.1%減、金額は3085億6100万円で、同じく対前年度比0.6%増となった。

使用分野別に前年同年度比の増減をみると、数量は水稲は0.1%減、果樹は1.8%減、野菜畑作は6.0%減、その他3.5%増、分類なしは2.8%減。金額は、水稲が2.8%増、果樹が1.1%減、野菜畑作が2.1%減、その他は1.9%増、分類なしが8.7%増となった。

種類別にみると、数量は殺虫剤が4.8%減、殺菌剤が5.7%減、混合剤が3.2%増、除草剤が0.7%増、植調剤は4.7%減。金額は、殺虫剤が2.1%減、殺菌剤が2.0%減、混合剤は6.7%増、除草剤は1.7%増、植調剤は7.4%増などとなっている。

【農薬工業会】

(関連記事)
数量14万7337トンで2.9%減 農薬年度6月末の出荷実績 金額は0.1%増の2912億5300万円に

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る