想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

第35回功労賞を5人が受賞 報農会2020年9月28日

一覧へ

報農会は第35回功労賞を受賞した功績者5人を9月24日に発表した。

今年は新型コロナウイルス感染症対策により、9月24日に開催予定だった報農会シンポジウムおよび表彰式を中止とし、このほど功績者に郵送で功労賞(正賞:賞状・置時計、副賞:金一封)を贈呈した。
受賞者と主な業績は以下の通り。

▽里見健男氏(住友化学工業等):新しい作用性を持つ殺菌剤や殺虫剤の開発・普及に関与▽瀬崎 滋雄(奈良県農業試験場等):農薬残留分析業務に従事し、特に有機塩素系農薬の土壌汚染対策に寄与

▽中田榮一郎(山口県農業試験場等):数種のかんきつウイルス病の発生生態を調査し、母樹園の整備に貢献▽那波邦彦(広島県病害虫防除所等):野菜・花きの夜行性吸蛾類に対する黄色灯の利活用場面の実用化に寄与

▽橋本光司(埼玉県園芸試験場等):ナス半身萎凋病の発生生態を解明し、太陽熱利用土壌消毒等防除法を確立。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る