Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

小麦用殺菌剤「ミラビスフロアブル」が新規登録 シンジェンタ2020年12月4日

一覧へ

シンジェンタジャパンは、2020年11月16日に小麦用殺菌剤「ミラビスフロアブル(農林水産省登録 第24451号)」の新規農薬登録を取得したと発表した。

「ミラビスフロアブル」「ミラビスフロアブル」500ml(左)、5L

「ミラビスフロアブル」は新規成分アデピディンを含むSDHI系の殺菌剤。アデピディンはフザリウム属菌、ミウロドキュウム、ニバーレ菌由来の赤カビ病に対して効果を示す。「ミラビス」のブランド名の由来はMiracle(奇跡)をVisual化(魅せる)する造語。赤かび病を防ぎ、DON(フザリウム属菌が作る天然かび毒)を低減し、収獲時の小麦を美穂にするミラクルな製品となることを目指してつけられた。

◆ミラビスフロアブルの特長
◎新規系統SDHI
小麦の赤かび病防除の新戦力
ローテーション防除による耐性菌対策
独自の分子構造で効果を発揮

◎赤かび病の原因菌に独自の殺菌力
発生初期の病害の進行を阻止
フザリウム属菌、M.二バーレ菌に極めて高い効果
DON(天然かび毒)の低減効果

◎雨に強く効果が安定
ワックス層への素早い吸着
耐雨性に優れ、雨が多い時も安心
様々な条件下でも効果が安定

近年は、少子高齢化、不安定な気象条件など小麦栽培の取り巻く栽培環境の変化に伴い、より効率的に管理できる栽培技術へのニーズが高まっている。同社は多様な条件下で赤かび病防除にシンプルでパワフルな効果を発揮することにより、小麦の美しい仕上がりと安定生産に貢献していく。

◆ミラビスフロアブル製品情報
農林水産省登録:第24451号
有効成分:ピジフルメトフェン18.3%
毒物及び劇物取締法:非該当
販売規格:500ml、5L(地域限定)
作用機構分類番号(RAC番号):殺菌剤分類7

販売会社:シンジェンタジャパン株式会社
販売開始時期:2021年3月(予定) 北海道(地域限定先行販売)
販売流通:商系、系統

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る