米・麦・大豆 ニュース詳細

2017.12.28 
29年産米集荷数量 前年比20万t減-11月末現在一覧へ

 農林水産省は12月26日、11月末の29年産米契約・販売状況などを公表した。集荷量は前年同時期にくらべて20万t少なく、集荷が遅れている。

 11月末現在の全国の集荷数量は235万4000t。前年同月とくらべて20万4000t少ない。
 契約数量は179万9000tで前年同月より6万t増。販売数量は46万4000tで同8000t増となっている。全国段階の民間在庫量は317万tで前年より21万t少ない。
 事前契約数量は138万4000tとなっている。27年産では116万5000t、28年産では126万tだった。

 

(関連記事)
驚愕の2025年コメの需要予測(17.12.25)
需要に応じたコメ生産に向け全国組織が発足(17.12.22)
SBS輸入米 2万5000t全量落札 第3回入札(17.12.21)
29年産米の値上がりと30年産問題(17.12.18)
29年産米の集荷数量前年比24万t減-10月末(17.12.05)
農家1戸あたり米在庫量316kg-6月末(17.12.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ