米・麦・大豆 特集詳細

特集:29年産米の作柄見込みと30年産米の課題

2017.09.21 
【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声 【北海道】一覧へ

 9月初旬、コメ産地の主要JAに29年産米の作柄見込みと、30年産以降の水田農業の取り組みや政策課題などについて現場の意見も聞いた。
JAコメ担当者の声を地域別にまとめて掲載する。
北海道では大規模専業農家が多く経営安定対策を求める声が上がっている。

【北海道】
▽全国的に生産調整を守ってほしい。まだ守っていない県があるので心配。

▽農協にお米を預けて下さる方が多いので独自販売でがんばっていこうと思う。

▽生産調整をきちんとやっている。30年問題ではなく40年を見据えて耕作放棄にならないよう生産者には水張りをきちんとやるように指導している。▽7500円の補助金の廃止は痛い。北海道は専業農家が多いのでそれに代わるものを。

▽具体的な政策が出ていないので今は何ともいえない。早く提案してほしい。

▽加工米等で対応しているので心配していない。生産者にも生産調整を守ってもらうようにしているが、しかし新潟・千葉等で守ってくれるかどうか心配だ。

▽主食米については需給バランスがとれているのではないか。これ以上、生産調整しろとはなかなか言えない。

▽北海道として一本化して考えているが、奨励金がないなかで生産調整をどう守るかが問題。

▽作付面積が大きく変わることがないよう願っている。水張り面積は確保する。

▽取引先と連携して生産者手取りを確保していきたい。

(関連記事)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【東北】(17.09.21)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【北陸】(17.09.21)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【関東・東山】(17.09.22)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【東海】(17.09.22)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【近畿】(17.09.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ