農政 ニュース詳細

2017.11.15 
「和食の日」にワークショップ 24日、農水省が都内で一覧へ

 11月24日は「和食の日」。これに合わせ、農水省は同日、東京都内でワークショップ「和食育のすすめ」を開く。

 ママ世代に、和食文化への理解を深めてもらうためにパネルディスカッションや、自宅で簡単にできる子どもが喜ぶ和食レシピのデモンストレーションがある。
 デモンストレーションでは、ミシュラン一つ星の和食料理店「鈴なり」店主の村田明彦氏、4人の子どもを育て、「食」を通じた育児の考え方を発信するママタレントの市井紗耶香氏、そして栄養学の専門家である東京家政学院大学教授の酒井治子氏の3人が、一汁一菜の食事をつくりながら、家庭での和食づくりのポイントや栄養バランスのとりかた、食材が美味しくなる調理のコツなどを紹介する。
 場所は東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館6階の「LEAGUE有楽町」で午前10時30分から。対象は乳幼児の子どもを持つ保護者(50人)で参加費は無料。

 

(関連記事)
農はアート?食文化を国内外に発信-東京ハーヴェスト2017(17.11.07)
ロンドンで日本食の魅力発信 地域の中小食品企業を支援-クールジャパン機構(17.10.05)
【座談会 農協人を育み現場を支える】「農」の進化に挑み続ける東京農大(17.07.24)
自由貿易で高い競争力【デンマーク】(17.02.22)
今の小泉大きく見せすぎ(17.02.22)
【鈴木JA全国女性協会長・石田龍谷大教授 対談】横・世代の連帯が大事(17.01.25)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ