農政 ニュース詳細

2018.07.09 
ため池決壊7か所 1名死亡-西日本の豪雨一覧へ

 農林水産省は全国的な大雨が発生し今後も被害が発生するおそれがあることから、齋藤農相を本部長とする「台風7号と前線等による大雨に関する農林水産省緊急自然災害対策本部」を設置し、7月7日に第1回会合を開き、9日朝には第3回会合を開いた。齋藤農相は被害の拡大防止と被害状況の迅速な把握、被災者への食料供給などを指示した。

幹部職員に指示する齋藤農相 齋藤農相によるとため池決壊は8日に新たに京都府、岡山県で発生し、9日時点で計7か所となっているという。このうち広島県福山市ではため池決壊で一名が亡くなった。
 齋藤農相は「大雨は峠を越えたが引き続き救命救助には全力を挙げるとともに、避難されている方への支援も重要になってくると考えている」と話し、昨晩、大規模な浸水被害にあっている岡山県倉敷市真備町に6000食のパンを手配したとした。
 また、政府の豪雨非常災害対策本部も開かれ、安倍総理は「多くの被災者の生活支援を迅速かつ強力に進めるため各省横断の平成30年7月豪雨被災者生活支援チームの設置を指示した」と話した。政府はこのチームを通じて被災者自治体への職員の派遣、避難所生活の環境整備、仮設住宅の確保などプッシュ型での支援を国と自治体が連携して一丸となって積極的に進めていく考えを示したという。
 これを受けて農相は「関係各局は熊本地震をはじめとするこれまでの災害対応の経験をふまえ、必要となる対応を先手、先手で準備するように」と指示し、避難者へのパン、ペットボトルなど関係団体と連携して準備することや、人命に直結するため池、山地災害等による被害の拡大防止、関係自治体と連携した被害状況の迅速な把握を行うことなどを指示した。
 
(絵解き)
幹部職員に指示する齋藤農相

 

(関連記事)
予約登録米22万人を突破 パルシステム(18.07.05)
台風21号の暴風雨災害 激甚災害指定(17.11.28)
【木本昌秀教授・東京大学大気海洋研究所副所長に聞く】異常な夏 今、地球は?(17.08.30)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ