食品流通 ニュース詳細

2017.11.06 
持続可能なパーム油のための円卓会議に加盟 日本生協連一覧へ

 日本生協連は、日本の流通業として初めて「RSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)」 に加盟した。

 「持続可能なパーム油のための円卓会議」(RSPO)とは、Roundtable on Sustainable Palm Oilの略称で、環境に配慮した持続可能なパーム油を求める世界的な声の高まりに応え、パーム油生産業、小売業、環境NGOなど、7つの関係団体が中心となり2004年に設立された非営利組織。世界的に信頼される認証基準の策定とステークホルダーの参加を通じ、持続可能なパーム油の生産と利用を促進することを目的とし、現在世界の加盟数は約3500団体、日本では約70団体。日本生協連の子会社コープクリーンも2006年に加盟している。
 パーム油は、アブラヤシの果実から得られる植物油で、生産性が高く、世界の食糧需要の増加に貢献しており、食品・日用品・化粧品など、幅広い商品に使用されている。一方、気候変動の脅威、生物多様性の喪失、労働者や子供の権利侵害など、多くの課題を抱えた状況で生産されているという現実がある。
 日本生協連では環境に配慮したパーム油の調達が大きな課題と認識されてきている中で、RSPO認証油の調達・利用を通じ、環境への影響低減や持続可能な社会づくりに貢献できると考え、このたび加盟(申請)することした。
 日本生協連はRSPO加盟にあたり、次の3点をコミットメントとして取り組むことを表明している。
(1)2017年度中に、コープ商品(プライベートブランド)のうち、すべての食品についてB&C(ブックアンドクレーム)により認証パーム油への切り替えを進めます。
(2)2018年度中に、MB(マスバランス)認証パーム油を使用した石鹸、化粧品の供給を開始します。
(3)2020年までに、コープ商品(プライベートプランド)全体について、B&C (ブックアンドクレーム)、MB(マスバランス)方式により認証パーム油への切り替えを進めます。
 そして日本生協連としては、今後も持続可能なパーム油の使用をはじめ、環境・地域・社会・人に配慮した商品開発を進め、会員生協・組合員とともにエシカル消費の取り組み拡大に努めていくことにしている。

RSPO 3つの認証モデルと1つの証券化モデル

(関連記事)
パーム油調達のあり方を考えるシンポ開催 持続可能なパーム油会議&WWF(17.10.25)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ