野菜・果物 ニュース詳細

2017.02.21 
輸送性優れたイチゴ「恋みのり」一覧へ

農研機構

 農研機構は2月20日、果実が硬めで大粒のイチゴ新品種「恋みのり」を公表した。試作データから収穫時間、調整時間の短縮もわかった。

輸送性優れたイチゴ「恋みのり」
 イチゴの栽培は10a当たり年間2000時間程度といわれ、そのうち約6割は出荷のための収穫と調整(パック詰め)作業に費やされる。今回開発された新品種では、収穫時間が約26%、調整時間が約46%削減された(1kg当たりの出荷調整作業について、「あまおう」との相対比)。
 これは、(1)2L以上の大玉率の高さ、(2)草勢が強く果実の伸びが良いことから果実が見つけやすい、(3)果実が硬めで収穫の際に傷がつきにくいことから収穫時間が短くなり、また大玉で平トレーでのパック詰めが多くなることで調整時間が短縮されたことで分かった。
 研究を担当した同機構の曽根一純氏は、「収穫時間と調整時間の短縮で省力化に大きく貢献できる。特に大規模生産農家にとって効率化につながるのでは」と話す。
 果実が硬めのため輸送性にも優れており、一番の消費地である東京への輸送のほか、海外へ向けた輸出への取り組みも今後研究していく。
 現在熊本県や長崎県、大分県、山口県で試作が行われており、来年度から九州を中心とした民間種苗会社を通じて種苗が供給される予定。平均収量輸送性優れたイチゴ「恋みのり」

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ