野菜・果物 ニュース詳細

2018.04.26 
29年産の春野菜収穫量は2%増、農水統計一覧へ

・夏秋野菜は4%増、タマネギは2%減

 農林水産省は4月24日、平成29年産指定野菜(春野菜や夏秋野菜、タマネギなど)の作付面積と収穫量、出荷量を公表した。

 同省がまとめた農林水産統計によると、29年産の春野菜の収穫量は前年産に比べ2%増加、夏秋野菜は同4%増加、タマネギは同2%減少した。
調査結果の概要は次の通り。

 平成29年産春野菜、夏秋野菜、たまねぎの作付面積、収穫量及び出荷量(全国)

(図をクリックすると大きな図が表示されます。)

 

【春野菜】
 作付面積は3万6400haで前年産並みとなった。収穫量は199万4000t、出荷量は184万8000tで、前年産に比べそれぞれ4万2000t(2%)、5万2000t(3%)増加した。

【夏秋野菜】
 作付面積は6万5700haで前年産並みとなった。収穫量は237万6000t、出荷量は205万3000tで、前年産に比べそれぞれ9万5000t(4%)、8万6000t(4%)増加した。 

【タマネギ】
 作付面積は2万5600haで前年産に比べ200ha(1%)減少した。収穫量は121万4000t、出荷量は108万5000tで、前年産に比べそれぞれ2万9000t(2%)、2万2000t(2%)減少した。

 

(関連記事)
野菜の生育状況と価格見通し 生育は軒並みほぼ回復傾向へ(18.03.30)
植物工場野菜の認知度あがる 日本公庫調査(18.03.15)
ハクサイとキャベツは高値で推移(18.03.01)
東京・三鷹の農家が地場野菜で炊き出し 2月24日(18.02.23)
2月の野菜の生育状況と価格見通しを発表 農水省(18.02.01)
野菜・果樹・花きの農業所得が13.8%増加(17.12.26)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ