想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

働き方改革のカギは「女性用トイレ」と「更衣室」畜産現場で働く女性の本音調査2021年1月20日

一覧へ

日本の畜産を応援するWEBマガジン「どっこいしょニッポン」を運営する日本全薬工業は、畜産の現場で働く女性スタッフの実態調査を実施。畜産の現場で女性がより快適に働くためには、女性専用のトイレや更衣室の設置や、子育てとの両立がしやすい環境づくりが重要であることがわかった。

「トラクターの運転がうまい」男性にキュン 畜産現場で働く女性の本音調査

同調査は12月16日~2021年1月4日の期間、Facebookを利用し、「どっこいしょニッポン」をフォローしている18歳以上65歳以下のユーザーとつながりのある人に対して行い、主に畜産関係者190人から回答を得た。

調査では、「畜産業に就いたきっかけ」を聞いたところ、1位「畜産家と結婚」(62票)、2位「動物が好きだった」(37票)、3位「家業を継いだ」(30票)と、最も多かったのが、「結婚を機に」就農したケース。以下、4位「昔からの夢だった」(15票)、5位「学生時代に研修に参加した」(9票)と続いた。

「就農前、どんな仕事をされていましたか?」という問いには、前の仕事は、会社員が31%、同業が23%、公務員が8%で会社員として働いていた人が約3割。

結婚を機に酪農を始めた女性からは、「酪農家になりたかったから、良い酪農家の旦那に出会えて良かった」(北海道・乳牛・経営者の家族)という声がある一方、「お嫁に来たら稼業をしなければいけないという縛りが強い。男尊女卑の精神が根強く、育った環境が違いすぎて価値観のズレが半端ない」(北海道・乳牛・経営者の家族)、「今まで働いていた会社では、働き方改革を進めていました。嫁ぎ先では家族経営なので労働時間も関係なければ、休みもなく...正反対の環境に戸惑いました」(北海道・乳牛・経営者の家族)と、これまでの環境の違いに戸惑う声も多かった。

「同業の男性にキュンとする瞬間」を聞くと、1位は「トラクターの運転がうまい」。コメントとしては、「やっぱりトラクターの運転は、男性の方がうまい!」(福島県・肉牛・経営者)、「トラクターなど大型機械で作業をサクッとこなしている時」(宮城県・乳牛・経営者)、「私は牽引の免許持ってるけど、バックが苦手で乗ってません。バックもスムーズにできちゃう男性にキュンキュンしちゃいます」(愛媛県・乳牛・従業員)などがあった。以下、2位「力仕事をする姿」、3位「動物愛を垣間見た時」、4位「牛の扱いが上手」と仕事を通じて目にする男性らしさや意外な瞬間がならんだ。

また、「畜産女子あるあるエピソード」として、「牛グッズ集めがち」「人間の出産・子育て話を牛に置き換えがち」「柔軟剤など匂いキツめにしがち」「ウンコに抵抗なし」「トイレ我慢しがち」「愚痴相手は動物」など業界ならではのマニアックなコメントが挙がった。

一方、「職場で改善して欲しいこと」としては、「女性用トイレ/更衣室を設置して欲しい」がトップ。牧場にトイレがない、トイレが男女兼用などによる苦痛は、全国から声があり、畜産業界の"働き方改革"として、最も求められているカギといえそうだ。

【どっこいしょニッポン】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る