おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

需要の底上げで需給緩和の早急な改善を Jミルク2022年6月24日

一覧へ

Jミルクは6月23日の需給短信で生乳生産量の増加傾向は縮小しているが、牛乳類の需要は依然と低迷しており、家庭内消費を中心とした需要の底上げを図ることが求められているとしている。

6月13日の週の牛乳類の家庭内消費は前年比で92.7%だった。前週は同90%を下回ったことに比べると、若干回復した。

販売個数は全品目で前週より増加したものの、依然として低調な推移となっている。

ヨーグルト類は前週よりも増加しており、とくにドリンクタイプは6週連続で増加し、前年並み水準となった。

ホクレンの生乳受託乳量は6月中旬に前年比100.2%となり生産抑制の取り組みで増加幅はさらに縮小している。しかし、全国の牛乳類の消費は前年比90%台前半と低調に推移しているため、脱脂粉乳とバター仕向け量は依然として前年を超える水準となっている。

Jミルクは梅雨明けの気温上昇にともなう消費増に期待しつつも、業界全体で家庭内消費を中心とした需要の底上げを図り、「需給緩和の早急な改善が求められる」と強調している。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る