想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

2月20日、神戸で都市農業シンポジウム JA全中、JA兵庫中央会2013年1月21日

一覧へ

 JA全中、JA兵庫中央会は2月20日、兵庫県農業会館(神戸市中央区)で「都市農業シンポジウムin神戸」を開催する。

 JA全中の主催する都市農業シンポジウムは、昨年11月に横浜で開催(JA神奈川県中央会と共催)したのに続き、今年度2回目の開催となる。都市農業が持つ価値を次代へつなぐため、また、都市農業の振興や都市農地の保全に向けてJAが取り組むべき活動などについて情報交換を行うことなどが目的。
 神戸のシンポでは、実践事例報告として、JA兵庫六甲の農業後継者組織(ASC)顧問の島中佳紀氏が「顔が見える都市農業の経営」、JA兵庫南の中村良祐代表理事専務が「東播南部地区における都市農業振興・都市農地保全の取り組み」をテーマに発表するほか、JC総研の星勉氏をコーディネーターにパネルディスカッションを行う。
 2月20日、13時30分から兵庫県農業会館11階大ホールで。定員120人で、JAグループや自治体・農業委員会の役職員、都市農業者などが主な対象。申し込み締め切りは2月12日。問い合わせはJA兵庫中央会農政広報部(TEL:078-333-5896)まで。


(関連記事)

組合員の協同の力こそ地域を拓く原動力 第26回JA全国大会決議の実践に向けて  インタビュー・馬場利彦JA全中参事 (2013.01.09)

「農業が軸」はJAの生命線 JAあつぎ(神奈川県)・歌を忘れたカナリアにはならない (2012.11.30)

都市農業の存続に向け税制改正課題などを議論 都市農業シンポin横浜 (2012.11.26)

納税猶予の継続要件の明確化など要望 農水省の税制改正要望 (2012.09.14)

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る