想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

2月8、9日 JA-IT研究会が第33回公開研究会2013年1月30日

一覧へ

 新たな営農事業の創出とJA運動・経営の再興を考えるJA-IT研究会は、2月8、9日に第33回公開研究会を開く。テーマは「地域づくりとJA-現場の最前線にみる」。

 初日は、研究会副代表の黒澤賢治氏が、「地域づくりにJAはいかに機能発揮するか」をテーマに基調報告するほか、高知県地域づくり支援課の浅野尊子氏と十和おかみさん市(株)の居長原信子社長が「地域づくりセンターとしての『十和おかみさん市』」、
JAおちいまばりの西坂文秀直販開発室室長とさいさいカフェの菅真紀店長が「直売所を起点にした商品開発と地域活動の新たな展開」、JA加美よつばの後藤利雄営農販売部長が「集落営農が目指すもの」をテーマに事例報告を行う。
 2日目にはJAあしきたの高峰博美代表理事組合長が「企業と連携したJAの6次産業化」、JA氷見の川上修代表理事組合長が「ハトムギから始まった地域おこし」をテーマに事例報告するほか、総合討論を行う。
 8日13時から9日12時まで。JAビル27階大会議室で。
 参加費は会員1万2000円、非会員1万7000円(ともに交流懇親会費込、宿泊費は除く)。
 申し込み・問い合わせは農文協内のJA-IT研究会事務局(TEL:03-3585-5211、E-mail:info@ja-it.net)まで。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る