Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA全農杯全国小学生選抜サッカー大会 中国大会はオオタFCが優勝2021年4月5日

一覧へ

JA全農が特別協賛する小学生の8人制サッカー大会「JA全農杯全国小学生選抜サッカー大会」の中国大会が4月3日と4日、山口県山口市の「山口きらら博記念公園」で開かれ、中国地方の各県大会を勝ち上がった12チーム、228人の小学生が出場。全24試合が行われ、オオタフットボールクラブ(岡山県)が優勝した。準優勝のレノファ山口FC U-12(山口県)とともに全国大会へ出場する。

優勝したオオタFC優勝したオオタFC

「JA全農杯全国小学生選抜サッカー大会」は、全国9か所で地区大会が開かれ、勝ち上がった16チームが5月に日産スタジアム(横浜市)で開催の全国決勝大会へ出場し、日本一が決まる。

大会初日の4日は、フレンドリーマッチの計12試合が行われ、いずれも白熱したゲームとなった。決勝は、オオタフットボールクラブ(岡山県)とレノファ山口FC U-12(山口県)が対戦。両者ハイレベルな攻防で一歩も譲らず、延長戦突入かと思われた終了間際、オオタFC背番号10番の武谷快地くんが劇的なゴールを決めた。1対0でオオタFCが勝利しレノファ山口FC U-12と5月の全国決勝大会へ中国地区の代表として出場する。

熱戦が繰り広げられた決勝戦熱戦が繰り広げられた決勝戦

入賞チームと全出場選手への参加賞として、中国地区の5県(鳥取・岡山・広島・山口・島根)のお米やジュースなどの国産農畜産物を準備。閉会式で、全農 広報・調査部の沢登幸徳次長が選手に贈り、「ニッポンの食」で子どもたちを激励した。

大会の様子は、全農の公式Twitter「全農広報部スポーツ応援」アカウントで公開している。

■出場選手への提供商品一覧

・大栄スイカ(全農鳥取県本部)

・岡山県産米「きぬむすめ」、ピオーネジュレ、もちもちミルクパン(ミルク味・チョコレート味) (全農岡山県本部)

・サンフレッチェ応援米、資源循環米 おおあさこしひかり(全農広島県本部)、JAひろしまの藻塩レモン水

・ゆめほっぺ(柑橘)、長州地サイダー、粒入り温州みかん(全農 山口事務所)

・島根県産 つや姫、ゆずっこ、はとむぎ茶ペットボトル(島根県農業協同組合)

・インスタントごはん(全農 広報・調査部)

【全農広報部スポーツ応援】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る