左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

被害金額は約158億円 野生鳥獣による被害状況2019年10月17日

一覧へ

 農林水産省は、10月16日、平成30年度の野生鳥獣による農作物被害状況について、都道府県からの報告を基にして、全国の被害状況を取りまとめ公表した。なお、都道府県は、市町村からの報告を基に把握している。

 鳥獣による平成30年度の農作物被害は、被害金額が約158億円で前年度に比べ約6億円減少(対前年4%減)、被害面積は約5万2000haで前年度に比べ約1000ha減少(同3%減)、被害量が約49万6000tで前年に比べ約2万1000t増加(同4%増)した。

 主な獣種別の被害金額については、シカが約54億円で前年度に比べ約1億円減少(同2%減)、イノシシが約47億円で前年度に比べ約1億円減少(同3%減)、サルが約8億円で前年度に比べ約1億円減少(同12%減)している。
 被害金額の推移を見ると、平成22年度の239億円から30年度は158億円と約3割減少しているものの、なお深刻な被害をもたらしている。

説明:野生鳥獣による農産供物被害金額の推移。被害金額へ減少傾向だが、シカとイノシシで過半を占め100億円を超える(平成30年度)

野生鳥獣による農産供物被害金額の推移。被害金額へ減少傾向だが、シカとイノシシで過半を占め100億円を超える(平成30年度)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る