2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

亘理町で産学官連携協定を締結「未来の食×農人材」育成 マイファーム2022年8月10日

一覧へ

マイファーム、宮城県亘理郡亘理町、滋慶学園 仙台農業テック&カフェ・パティシエ専門学校の3者は、地域で「未来の食×農人材」を育てるため産学官で連携協定を締結。8月9日に連携協定式を行った。共同事業を通じて農業の担い手の育成と確保、地産地消の強化や子どもたちへの食育の充実、ならびに農産物の流通・販売等について連携・協力する。

9日に亘理町で行われた連携協定式

亘理町は、東日本大震災の津波被害からの復興をめざし、特産品の「いちご」の産地形成、栽培振興に取り組んできた。今回の連携により、県内有数のいちご産地として復活した同町の栽培施設を活用し、「食×農」業界で活躍する人材を育成する滋慶学園と、そのカリキュラムを支援するマイファームが協力し、学生の人材育成に取り組む。

「食×農を志す若い人材」が、国内では栽培・加工市場の伸びしろが大きいいちごを題材に、通年を通した基本的な栽培管理の知識や、栽培技術、産地の変遷を学ぶ機会を得ることで、地域農業の発展に向けたイノベーションが生まれることが期待される。

同協定に基づき、亘理いちごファームでの栽培研修や亘理町産いちごを活用した加工・流通に関する取り組みを促進。地域農業への貢献や農業を志す若い世代の人材育成をめざす。

◎連携協定における主な取組
・滋慶学園の学生による亘理いちごファームでの栽培研修
・亘理町産いちごを活用した加工・流通に関する取り組み促進
・地域農業への貢献や農業を志す若い世代の人材育成

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る