2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

環境に配慮した農産物「一般商品と同等価格なら買う」5割 日本公庫調査2022年9月16日

一覧へ

日本政策金融公庫農林水産事業は9月15日、環境に配慮した農産物・食品に対する消費者動向調査についての結果を公表した。

農産物を買うときに、農薬や化学肥料の使用を控えた栽培法で作ったかどうかを「いつも気にかけている」は6.9%、「ある程度、気にかけている」は30.8%で「気にかけている」は合わせて37.4%となった。

「気にかけている」は60代では44.0%、70代では59.4%となった。

「気にかけている」理由を聞いたところ、「食べる人の健康に配慮しているから」が70.7%でもっとも多く、次いで「生産者の思いや考えに共感しているから」48.5%、「動植物の生態系への影響が少ないから」44.8%の順になった。

「温室効果ガスの排出量が少ないから」は26.5%だった。ただ「言われてみればそう思う」という回答は52.7%ともっとも多い。ただし、「そうは思わない」が20.7%ともっとも高かった。農薬や化学肥料が削減された農産物かどうかを気にかけていても、それが温室効果ガス排出削減に結びつくと理解していない人は2割いることになる。

環境に配慮した農産物づくりは、環境ではなく「体に良い、健康に配慮したもの」との捉え方が強いことが改めて示された。

購入の意向については「一般の商品と同等の価格なら購入したい」が50.3%ともっとも多く、半数を超えた。

60~70代は「時々であれば少し割高でも購入したい」が4割を上回った。一方、「価格は気にせず購入したい」は全体では4.4%だったが、20代では7.2%とどの年代よりも多い結果となった。もっとも低かったのは40代で2.6%だった。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る