第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCヘッドSP:エクシレルりんご
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

地元農家と飲食店が新メニュー開発 12月の提供へ試食&発表会を開催 愛知県豊橋市2022年11月9日

一覧へ

愛知県豊橋市は10月27日、市内の農家と飲食店が開発した豊橋産農産物を使った新メニューの発表会を開催。生産量日本一の「次郎柿」を使った料理など、10品が生まれた。今後は地産地産メニューとして、12月から2023年1月にかけて同市内の「emCAMPUS EAST(エムキャンパスイースト)」で提供される。

豊橋産農産物を使った新メニューの発表会の様子豊橋産農産物を使った新メニューの発表会の様子

豊橋市は、2020年の市町村別農業産出額が野菜で全国5位(198億8000万円)の"農業王国"。食卓に上がる全ての野菜が揃うほど多彩な種類を生産しているが、その豊かさや強みを生かし切れていない。そこで、地元の人にもっと地元野菜の魅力を知ってもらおうと、同市は地産地消の施策を部局横断的に進める「食と農のまち推進プロジェクト」の一環で、市内の農家と飲食店が豊橋産農産物を使って新メニューを開発する機会をつくった。

8月に実施したマッチング会には、地産地消に関心のある16軒の農家と9軒の飲食店が参加し、7軒の農家と4軒の飲食店がメニュー開発を進めることになった。

メニューの発表会では、農家と飲食店の4グループが、約2か月かけて開発した料理を順番に紹介。豊橋調理製菓専門学校の鈴木良昌校長とホテルアークリッシュ豊橋の今里武総料理長が試食した。

生産量日本一の次郎柿を使ったワッフルのメニュー生産量日本一の次郎柿を使ったワッフルのメニュー

この日、用意された料理は、レモネーディアの豊かな香りと食感が楽しめる「ふぐ皮とおこわの春巻」、特製ハンバーグとミニトマトやサツマイモなどの野菜を煮込んだホットパイ、ラディッシュの田楽、ミカングラタン、次郎柿とクリームチーズ、生ハムのワッフルなど。試食した2人の料理人からは「食材の味を生かしている」などいずれの料理も好評で、今後の販売に期待が高まった。誕生した10品は12月から来年1月にかけて順次、「emCAMPUS」のレストランで地産地消メニューとして提供、販売される。

今回のメニュー開発について飲食店からは「行政が間に入り、話がしやすかった」との声が寄せられた。また、マッチング会に参加していなかった農家、飲食店からは、再び機会があれば参加したという声もあり、同市は今後もコラボによるメニューの開発を継続する。担当の農業企画課は「豊橋に来たら、地元の農産物を使った料理を何かしら食べられる地産地消のまちを目指します」と話している。

最新の記事

右上長方形:Z-GIS・SP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る