BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

河野 太郎 自由民主党 衆議院議員【緊急特集・全国会議員に聞く どうするのかコロナ感染爆発】2022年1月25日

一覧へ

河野太郎 衆議院議員河野太郎 衆議院議員

○河野太郎
○自民党
○衆議院議員
○選挙区:神奈川第15区
○出身地:神奈川県

【1】 これまでの政府のコロナ対策についての評価
(1)これまでのワクチン接種の問題点と3回目接種など今後の課題
(2)医療体制の問題点と今後の課題、
(3)国民生活や経済活動の規制(「外出自粛」「営業自粛」「リモート作業」等)の補償
(4)検査体制の拡充について  などについてのご意見

昨年のワクチン接種は、高齢者の2回接種を7月末までに終了し、最多で1日170万回接種を記録するなど日本の底力を発揮できたと思います。

職域接種では各地でJAのご協力を頂き、誠にありがとうございました。残念ながら3回目接種は出遅れました。2回目接種が終了した時点で、国内に5600万回分のワクチンがあり、各地の接種態勢も残っていましたので、オミクロン株の拡大の前にかなり打てたはずですが、3回目接種の判断が遅れたり、自治体とのコミュニケーションが足りていませんでした。オミクロン株による感染者の急拡大を食い止めるためには、情報を国民にきめ細かく伝えていくことが必要です。

また、私が規制改革担当大臣に、抗原検査キットを薬局で購入できるようにしましたが、インターネットでの販売はまだ禁止されています。感染の抑制と経済活動を両立するにあたっては、イベント会場や飲食店に入る前に抗原検査キットの使用を義務付けるなど、大幅に使いやすくしていくことが重要です。

【2】オミクロン株拡大による今後のコロナ対策で政府は何をすべきか。
ワクチン3回目接種のスピードアップ、そのためにはきめ細かな情報の発信、自治体とのコミュニケーションの強化
プロテアーゼ阻害薬の早期承認
抗原検査キットのコストダウンと供給の拡充、オンライン販売の促進

【3】コロナ禍で見えてきた「日本社会の課題」と現政権に望むこと。
平時と緊急時の切り替えを可能にする法整備と体制整備
初動における国の方針の明確化と地方自治体への確実な権限委譲

【緊急特集】全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る