第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

自見はなこ 自由民主党 参議院議員【緊急特集・全国会議員に聞く どうするのかコロナ感染爆発】2022年2月4日

一覧へ

自見1.jpg自見はなこ 参議院議員

〇自見はなこ
〇自由民主党
〇参議院議員
〇選挙区:比例区
〇出身地:福岡県

【1】これまでの政府のコロナ対策についての評価
(1)これまでのワクチン接種の問題点と3回目接種など今後の課題
(2)医療体制の問題点と今後の課題、
(3)国民生活や経済活動の規制(「外出自粛」「営業自粛」「リモート作業」等)の補償
(4)検査体制の拡充についてなどについてのご意見

(1)これまでのワクチン接種については、諸外国と比較しても早いペースで2回目接種を進めることができたと評価している。3回目についても、引き続き着実に進めていくべきと考える。接種状況や在庫を把握するためのシステム構築には改善の余地があったと考える。
(2)感染者が急増した際に対応できる即応病床数が少ないことが問題だと考える。確保病床とされている準備病床を即応病床に移行するには、少なくとも10日から2週間を要する。また、中等症から重症に至るまでの患者に対応する病床、陰圧室、ECMO対応ができるような専門人材のマンパワー確保も課題と考える。保健所の体制が十分でなく、患者が医療にアクセスできるまでの時間が長いことも課題と考える。
(3)時短営業やイベント開催の自粛など負担を伴う協力を呼びかける以上、補償は当然必要である。
(4)検査体制については、数と質の両面で充実させていく必要がある。特に、民間検査機関、検査キットの精度管理は今後の感染症対策を考える上でも重要である。

【2】オミクロン株拡大による今後のコロナ対策で政府は何をすべきか。

今回のオミクロン株については、医療提供体制よりも先に社会経済機能への深刻な影響が出ており、この点の対策が求められる。また、水際対策の強化も重要である。入国時に、PCR等陰性証明、民間医療保険の義務的加入、接触確認アプリのインストール、一定期間の健康報告義務の遵守などを誓約することなどが必要(2020年12月の自民党訪日外国人観光客コロナ対策PT提言を参照されたい)。
自宅療養者の健康観察、オンライン診療、投薬等に関するシステム化も必要である。
子どものコロナ対策についても、学校や保育現場ではしっかりと対応されていると感じるが、学習塾や習い事(主に経済産業省の所管)の現場などでもガイドラインの作成などしっかりと進めていく必要がある。

【3】コロナ禍で見えてきた「日本社会の課題」と現政権に望むこと。

新興感染症は今後も定期的に流行する。危機管理の問題として、平時と有事の両面を想定した対応が求められる。医療提供体制の維持やワクチン等研究開発の促進も、国民の命を守る安全保障として捉え、十分な予算措置も含めてしっかりと整備していく必要がある。

【緊急特集】全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る