左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

次世代タンパク質支える技術に125万ドル投資 シンジェンタ2020年5月20日

一覧へ

シンジェンタはアクセレレーション・ファンドのラディクル・グロースと「The Radicle Protein Challenge by Syngenta」を発足させ、次世代タンパク質を支える技術に共同で125万ドル投資することを発表した。

シンジェンタとラディクル・グロースのCEO

「TheRadicleProteinChallengebySyngenta」その1



両社は、植物ベースから環境再生に着目した農業技術まで様々な課題を解決するための次世代タンパク質(新規の実験的なタンパク質資源やタンパク質転換技術を含む)を支える新規ソリューション開発を行っている2社に対し、共同で総額125万ドルを投資。世界中のあらゆる段階の企業及び起業家を対象とし、100万ドルを優勝者に、25万ドルを準優勝者に提供して、技術発展の促進を支援する。

応募締切は2020年5月29日。応募締切後、数カ月かけて適正に評価を行い、応募企業の中から4~6社の最終候補を選考。最終候補は今秋の「ピッチデー」コンペに参加する。各社はエリック・フィアヴァルトを含む審査員に対しての発表を行い、審査員によって受賞者2社が選定される。

 
【The Radicle Protein Challenge by Syngenta】


The Radicle Protein Challenge by Syngenta

「TheRadicleProteinChallengebySyngenta」その2

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る