左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

殺菌剤「ペンシクロン」の日本国内独占販売契約を締結ークミアイ化学工業2020年6月22日

一覧へ

クミアイ化学工業(株)は6月19日、GowanCompany傘下のGowanCropProtectionと殺菌剤「ペンシクロン」の日本国内における独占販売契約を締結したと発表した。

クミアイ化学ロゴペンシクロンは、Rhizoctonia solaniが引き起こす植物病害に、安定して高い効果を示す殺菌剤の有効成分。世界の多くの国々で使用されている。

日本においては、水稲、ばれいしょ、てんさい、芝などで使用され、単剤または混合剤として販売されている。
同事業は、水稲、ばれいしょ、てんさいなどで使用される製品については8月1日より開始し、各販社を通じて販売する。また、芝用の製品であるセレンターフやタフシーバについては、10月1 日からクミアイ化学工業(株)子会社の(株)理研グリーンが一元販売を行う。

クミアイ化学工業(株)グループは、Grown社と協力してペンシクロンを安定供給し、作物保護を通じて食料の安定供給、農業の発展に貢献するとともに、緑化事業を通じて人と自然が調和する豊かな社会の実現に貢献していく考え。

また、ペンシクロン事業の日本における独占販売権取得により、同社グループの製品ポートフォリオを一層充実させ、さらなる競争力強化を図る。

GowanCompanyは米アリゾナ州ユマに本社を置き、作物保護製品、種子、肥料など農業資材の開発・登録・販売を行っている。革新的な製品開発、消費者保護、高品質生産を通じ、農業と園芸の技術発展を推進している。

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

解説・提言

topへ戻る