Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

施設栽培ホウレンソウを防除 殺虫剤「サンケイコテツベイト」発売 BASFジャパン2021年3月18日

一覧へ

BASFジャパンは3月22日、殺虫剤「サンケイコテツ ベイト」の販売を開始。施設栽培ホウレンソウで防除が難しいとされるホウレンソウケナガコナダニから、長期間作物を保護できる。同製品はBASFとサンケイ化学が共同開発し、両社から販売される。

殺虫剤「サンケイコテツ ベイト」殺虫剤「サンケイコテツ ベイト」

主に施設栽培で発生するホウレンソウケナガコナダニは、土中で増殖し、ホウレンソウの新芽部分に侵入して食害する。被害葉は正常に成長せず奇形となり、作物の生育が抑制されて収量にも影響を及ぼす。

「サンケイコテツ ベイト」は、ケナガコナダニが土中からホウレンソウへ移動する際に誘引し、同剤を摂食したケナガコナダニを食毒作用により防除。有効成分クロルフェナピルの高い活性と、害虫の餌となるベイト製剤の誘引効果により残効性に優れており、長期間被害を抑制できる。また、土壌に混ぜる手間を省けるため、省力化にも適している。

「サンケイコテツ ベイト」について同社アグロソリューション事業部マーケティング部の野田信介部長は「形状は細粒のため飛散しにくく、ドリフト(農薬飛散)の可能性が低いため収穫が近いホウレンソウの施設近くでも利用できる。これまで防除が難しかったケナガコナダニから作物を守り、生産者が収穫まで安心して栽培できるよう支援したい」と話している。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る