Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「大豆ミート」2025年に40億円規模に MDB Digital Search有望市場予測2021年7月5日

一覧へ

株式会社日本能率協会総合研究所が提供するMDB Digital Searchは、大豆ミート市場を調査し市場規模を推計。2025年度の大豆ミートの国内市場は40億円と予測している。

大豆ミート市場の規模予測大豆ミート市場の規模予測

大豆ミートは、大豆を主原料に使用し、食感や味、香りなどを動物性肉に似せた食品で、広義では代替肉の一種に分類。同調査では、大豆ミートを用いて作ったハンバーグやハムカツ、ソーセージなど加工食品を対象とし、市場規模は国内におけるメーカー出荷金額を対象に算出した。

大豆を主原料とする大豆ミートは、動物性肉よりも低カロリー・低脂質であることから、健康意識の高まりを背景に需要が拡大。また、家畜の飼育、食肉の生産には、大量の水と飼料が必要になることや温室効果ガスの排出など環境への悪影響から、環境問題を意識して食品を選ぶ文化が浸透している欧米では、環境への配慮意識も代替肉の購入動機の一つとなっている。大豆ミートをはじめ代替肉へのニーズが高まる中、味や食感など課題が改良され、市場に投入される商品数が増加しており、市場は今後拡大が見込まれている。同レポートでは、国内における大豆ミートの市場規模を推計。調査結果の詳細は、JMARが提供するリサーチプラットフォームMDB Digital Searchで提供している。

同調査結果の詳細は、JMARが提供するリサーチプラットフォームMDB Digital Searchで提供している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る