Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「玄米」が非アルコール性脂肪肝を予防・抑制 東京農大とアルファー食品が共同研究2021年8月2日

一覧へ

アルファー食品(島根県出雲市)と東京農業大学の共同研究で、肥満が原因となる非アルコール性脂肪肝(NAFLD)が、玄米食によって予防・抑制できることと、その相互作用について明らかになった。今後、その有効成分をさらに解明することで米の消費拡大とともに、新たな薬剤開発につながることが期待される。

玄米食

脂質異常症、高血圧、2型糖尿病、NAFLDなど生活習慣病は食生活の欧米化や運動不足による肥満が原因とされるが、食事カロリーの制限と運動を推奨され、積極的な治療方法はまだ確立されていない。共同研究は、ビタミンA代謝の大幅な高まりにより脂質代謝が改善することを明らかにし、NAFLDの発症予防と治療に有効とした。

ぷちっともち玄米・脂肪肝の抑制イメージぷちっともち玄米・脂肪肝の抑制イメージ

実際、玄米から白米にする過程で食物繊維、ビタミンB1など多くの栄養素が取り除かれてしまうが、玄米が健康に良いのはわかっていても「食味が悪い」「食べる習慣がない」「炊飯するのが難しい」などの理由でなかなか普及していない。同研究に活用されたアルファ化玄米「ぷちっともち玄米」は、米本来の甘みともちもちとした食感を維持しながら、洗米やつけ置きの必要がなく、家庭の炊飯器で手軽に調理できる。玄米食を毎日手軽に続けられるよう、アルファ化により臭みや調理の手間を軽減。雑穀とは違い、「ぷちっともち玄米」を100%でも白米とのブレンドでもおいしく食べられる。

【ぷちっともち玄米】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る