JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農ガール・新規就農希望の男性向けサービス提供開始 あぐりマッチ2021年8月6日

一覧へ

株式会社あぐりマッチは8月5日、農や自然が好きな人の恋活・婚活マッチングアプリ「あぐりマッチ」で、新たに「農業女子(農ガール)」と非農家男性向けのサービスの提供を始めた。

農ガール・新規就農希望の男性向けサービス提供開始 あぐりマッチ

男社会と言われる農業は、2015年の国勢調査によると、日本全体で農業従事者数は男性124万人、女性84万人。また、農林水産省の「令和1年新規就農者調査」によると、実家を継いで農業をする人は減少しているが、従業員として農業に従事する人は増えており、農業で起業する人も増加している。こうした状況から、農業に関心がある若者や、農業に新規参入する若者も増加しているが、新規就農者全体の離農率は高く、農業未経験者が地方へ移住してゼロから農業を始めることは依然、高いハードルとなっている。また、家業である農業を継ぐ人が減少する理由として、継承者が女性の場合、一緒に農業をする相手がおらず、女手1人では力仕事が困難であるため家業を継がないというケースも少なくない。

同社はこれまで男性農家と非農家女性向けにサービスを展開してきたが、新サービスは、好きな人と一緒に家業を継いで農業をしたい農業女子と、単独では就農ハードルが高いが新規就農したい非農家男性の架け橋となることが目的。農業女子と新規就農希望の男性に向けて門戸を広げることで、出会いの場をさらに活性化させる。

会員は農家か非農家かを選択でき、それによって使える機能や表示項目を切り替えられる。農家モードはサービス登録時に選択し、編集の際は、プロフィール編集ページの「農家モード」で切り替えられる。

<農業特化の機能>
■充実した農業に特化した項目
・何の農作物を栽培しているか?
・将来農作業をしたい or 農作業はしないでPRやSNSマーケに協力したい or 農業には携わらない
・結婚後の住居:親と同居 or 親とは別居
・農業へのこだわり or 農業に興味を持ったきっかけ

■メッセージ付き「いいね!」
相手にただ「いいね!」を伝えるだけではなく、なぜいいと思ったかその想いを伝えられる。「一緒に農業をしたい!」という「いいね!」も。

■タイムライン機能
バッチリ決めたプロフィールとは別に、普段の自分を見せてみようというコンセプトの機能。

非農家は、農家の都会にいては味わえない農ライフを覗くことができる。

【あぐりマッチ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る